捻(ネン)引き

 

こんにちは!今日は私が好きな『職人さんの技』について

 

 『ネン引き』という技で、熱せられたコテで、

革の縁、数ミリのところに並行に引かれるラインのことです。

特に革小物に多い技です。

 

これを引くのには縁の接着性を高めるということもあるのですが

一番は見た目の『引き締め』というのが目的。

無くてもまったく問題のないものなのです。

メイクでいうとアイラインのようなもの。

なんか違う、ちょっとよく見える。そんな感じです。

パッと見て無意識に美しいなぁと感じること、そういうものって沢山あると思うのですが

特に気がつかれないことでもそこに手間暇をかける、

技術や工夫があるのだなと思います。

私の場合はステッチをかけていない縁にお願いすることが多いです。

ぜひさまざまなブランドやお手持ちの革製品を見てみてくださいね!